1. HOME
  2. 入試情報
  3. 大学院入学者選抜
  4. 入学試験一覧
  5. 修士課程・博士前期課程

修士課程・博士前期課程

聖心女子大学大学院は、大学の理念に共感するとともに、高度な専門性と学識、研究能力によってグローバル化が進む現代の文化と社会の発展に寄与することを目指し、学術研究への道を志す皆さんに入学していただきたいと願っています。

修士課程・博士前期課程への入学者の受入れにあたっては、次のようなことを重視します。
まず、大学院入学以前に、専攻する学問分野についての学士課程修了程度の専門知識と研究・調査能力、論理的で柔軟な思考力・判断力、適切に意見を発信する力を獲得し、大学院での学業に主体的に取り組む姿勢を身につけてください。大学院での研究活動を効果的、計画的に進める上では、自身の研究の目的意識と課題を明確にしておくことも大切です。
また、学士課程での学業や社会での活動を通じて、幅広く深い教養や語学力、他者と協働する姿勢、豊かな人間性、高い倫理性を培い、広く人間の生き方やその歴史、多様な社会のあり方に対して深い関心を寄せてください。これらのことは、大学院での学業を現代社会への貢献に結びつける際に重要なことです。
学術研究への道を多様な研究関心と背景を持つ皆さんにも開くため、多くの専攻で外国人特別入試、社会人特別入試および長期履修学生制度を設けています。社会や家庭などにおける活動経験を基に、生涯にわたるさまざまなステージにおいて学問的探究を志す方を積極的に受け入れます。

募集要項

変更点

史学専攻修士課程の専門科目試験について、試験時間が90分となりました(昨年度までは120分)。

入試概要

募集人員・入試区分等

専攻名 募集人員 9月期入試 2月期入試 長期履修学生制度 取得できる学位
一般選抜 社会人特別選抜 外国人特別選抜 一般選抜 社会人特別選抜 外国人特別選抜
英語英文学専攻 10名 修士(英語英文学)
日本語日本文学専攻 5名 修士(日本語日本文学)
哲学専攻 6名 修士(哲学)
史学専攻 日本史コース 5名 修士(史学)
東洋史コース
西洋史コース
社会文化学専攻 6名 修士(社会文化学)
人間科学専攻 「教育研究」領域 4名 計12名 修士(人間科学)
「視聴覚情報研究」領域 4名 修士(人間科学)
修士(心理学)※
※修了者が選択
「発達心理学研究」領域
「臨床心理学研究」領域 4名

出願資格

1.一般選抜

次の(1)~(4)いずれかに該当する女子。

  • 大学を2020年3月までに卒業見込みの者(既に卒業した者を含む)。
  • 外国において、学校教育における16年の課程を2020年3月までに修了見込みの者(既に修了した者を含む)。
  • 文部科学大臣の指定した者。
  • 大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者(次のア~エ)。
    • ア.学校教育法第104条 第4項の規定により学士の学位を2020年3月までに授与される見込みの者(既に授与された者を含む)。
    • イ.日本国内において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を2020年3月までに修了見込みの者(既に修了した者を含む)。
    • ウ.専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)で文部科学大臣が別に指定するものを2020年3月までに修了見込みの者(文部科学大臣が定める日以後に既に修了した者を含む)
    • エ.本大学院において、個別の出願・入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、2020年3月31日までに22歳に達する者。 ※次項「個別の出願・入学資格審査」を参照の上、期間内に申請をすること。
    個別の出願・入学資格審査の申請書類1.2.3(294KB)

2.社会人特別選抜

英語英文学専攻・哲学専攻
「1.一般選抜」の出願資格を有し、かつ大学卒業後2年以上を経た者。
日本語日本文学専攻・史学専攻
「1.一般選抜」の出願資格を有し、かつ大学卒業後5年以上を経た者。
社会文化学専攻・人間科学専攻
「1.一般選抜」の出願資格を有し、かつ、大学卒業後2年以上の常勤在職経験またはそれに準ずる経験を有する者。

3.外国人特別選抜

英語英文学専攻・人間科学専攻「教育研究」領域
「1.一般選抜」の出願資格を有し、かつ外国籍を持つ者で、独立行政法人日本学生支援機構が実施する「日本留学試験」の「日本語」、あるいは独立行政法人国際交流基金と公益財団法人日本国際教育支援協会が共催で実施する「日本語能力試験」を受験している者。
日本語日本文学専攻・史学専攻
「1.一般選抜」の資格を有し、かつ外国籍を持つ者で、独立行政法人日本学生支援機構が実施する「日本留学試験」の「日本語」で280 点以上の成績を取っている者、あるいは独立行政法人国際交流基金と公益財団法人日本国際教育支援協会が共催で実施する「日本語能力試験」でN2以上に既に合格している者。
社会文化学専攻
「1.一般選抜」の出願資格を有し、かつ外国籍を持つ者。

個別の出願・入学資格審査

出願資格において、個別の出願・入学資格審査を希望する者は、以下の提出書類1~6を取りまとめ、下表に記載の申請期間内(締切日消印有効)に、入試課宛に速達簡易書留郵便で提出してください。(出願資格については、募集要項の各専攻・課程の頁を参照のこと)

【提出書類】
申請書
出願理由書
経歴書
最終学校の卒業(修了)証明書(生年月日が記載されているもの)
最終学校の学業成績証明書
返信用封筒(長3封筒に連絡先の住所・氏名を記載し、362 円分の切手を貼付すること)
個別の出願・入学資格審査の申請書類1.2.3(294KB)
入試期別 申請期間 結果通知
9月期入試 2019年6月1日(土) ~ 7月9日(火)
(郵送、締切日消印有効)
7月19日(金)までに、本人宛に通知
(郵送・速達)
2月期入試 2019年11月1日(金) ~ 12月10日(火)
(郵送、締切日消印有効)
12月20日(金) までに、本人宛に通知
(郵送・速達)

入学試験日程

9月期入試 試験日程
出願期間 2019年 9月2日(月) ~ 9月18日(水) (郵送、締切日 消印有効)
試験日 9月29日(日)
結果通知発送日 10月3日(木)
入学手続締切日 11月30日(土)
2月期入試 試験日程
出願期間 2020年 1月6日(月) ~ 1月16日(木) (郵送、締切日 消印有効)
試験日 2月14日(金)
結果通知発送日 2月21日(金)
入学手続締切日 3月4日(水) (郵送、締切日 消印有効)

出願書類

募集要項+出願書類セット、および「大学院案内」は無料です。オープンキャンパスや大学受付で配布しているほか、郵送も致します(ご請求はこちら)。

試験科目・試験時間割等

  • 外国語試験で辞書使用可としている全専攻共通: 試験時間中、使用可能な辞書は一冊のみ。電子辞書、および紙等が挟みこんである辞書や付箋紙等が貼ってある辞書の使用は不可。

英語英文学専攻(修士課程)

教科 時間
専門科目 10:00~11:30 90分
口述試験 13:30~  
  • 専門科目は英語の試験を兼ねる。辞書は使用不可。

日本語日本文学専攻(修士課程)

教科 時間
専門科目 10:00~11:30 90分
外国語(英語) 12:30~13:30 60分
口述試験 13:50~ 90分
  • 社会人特別選抜試験および外国人特別選抜試験で出願した者は、英語の試験を免除する。
  • 外国語(英語)試験では辞書使用可。
  • 【2月期入試のみ】口述試験の際、卒業論文か、提出書類10「卒業論文またはそれに代わるもの」を持参すること。

哲学専攻(修士課程)

教科 時間
専門科目 10:00~11:30 90分
外国語 12:30~13:30 60分
口述試験 13:50~  
  • 外国語は、出願時に選択した英語、ドイツ語、フランス語のいずれか1科目とする。
    専攻しようとする領域の研究にもっとも必要とする外国語を選択すること。
    母語を選択することはできない。
  • 外国語試験では辞書使用可。

史学専攻(修士課程)

教科 時間
専門科目 10:00~11:30 90分
外国語(英語) 12:30~13:30 60分
口述試験 13:50~ 90分
  • 専門科目試験は、出願時に選択した日本史、東洋史、西洋史のいずれか1分野とする。
  • 外国語試験は、英語、ドイツ語、フランス語、中国語のうちいずれか1科目を出願時選択。
    東洋史の受験者のうち、東アジア(中国・朝鮮半島)の研究希望者は、原則として中国語を選択。
    その他の東洋諸地域研究希望者は、上記4 言語の中から、研究上必要と思われる言語を選択。
    西洋史受験者のうち、フランス語圏の研究希望者はフランス語を、ドイツ語圏の研究希望者はドイツ語を選択。
    その他の地域の研究を希望する受験者については、選択自由。ただし、研究を希望する地域の言語が受験者の母語にあたる場合には、他の言語を選択すること。

社会文化学専攻(博士前期課程)

教科 時間
専門科目 10:00~11:30 90分
外国語(英語) 12:30~13:30 90分
口述試験 13:50~  
  • 外国語(英語)試験においては辞書使用可。
  • 社会人特別選抜出願者は、社会人特別選抜試験用の専門科目問題および外国語(英語)問題を受験する。

人間科学専攻(博士前期課程)

教科 時間
専門科目 10:00~11:30 90分
外国語(英語) 12:30~13:30 60分
口述試験 13:50~ 90分
  • 専門科目試験および外国語試験は、【教育研究】【視聴覚情報研究】【発達心理学研究】【臨床心理学研究】よりいずれか1領域を出願時に選択し、受験する。(9月期は【教育研究】領域のみ)
  • 外国語(英語)試験では辞書使用可。
  • 外国人特別選抜試験で出願した者は、外国人特別選抜試験用の外国語(英語)問題を受験する。

長期履修学生制度

通常の修業年限2 年では修士課程・博士前期課程の履修が困難と認められた場合に、修業年限を3 年とする制度です。 希望の方は出願時に申請してください。

  • 次の(1)~(3)のいずれかに該当する場合、長期履修学生に出願できます。
    • 職業を有している者
    • 育児、親族の介護を行う必要がある者
    • 教員免許状取得を希望する者(新規に一種免許状の取得を希望する者)
  • 長期履修学生を認める専攻は、募集人員・入試区分等に示す「長期履修学生制度」欄の○印の各専攻です。
  • 入試の合否審査の確定後、別途長期履修学生審査を行います。長期履修学生制度を申請したかどうかは、入試の合否審査には全く無関係です。(結果は同時に通知します。)
  • 長期履修学生の修業年限は3年で、4年を超えて在学することはできません。
    長期履修学生が登録できる1学年あたりの履修単位数は16単位を限度とします。
  • 長期履修学生の授業料等納付金は、通常修業年限の納付金総額(2年分)を3年間で分割納入することができます。(入学登録料は通常修業年限と同額です。)
  • 長期履修学生として在学中に事情が変わった等の場合は、申請により通常の履修に変更することができます。(変更にあたっては審査があります。)

長期履修学生として認められる者(事情)および出願に必要な書類

(1)職業を有している者
勤務先からの在職証明書(就労内容が確認できる書類)等を提出。
(2)育児、親族の介護を行う必要がある者
育児の場合は住民票及び母子手帳の写し。介護の場合は住民票及び要介護認定書の写し等を提出。
(3)新規に教員免許状(一種免許状)の取得を希望する者で、次の①②に該当する者
  1. ①取得希望の教員免許状申請に必要な本学での修得見込み単位数が、16単位を超える場合。
  2. ②介護等体験の申込手続き等、教職課程を3年以上にわたり履修する必要がある場合。

この(3)の理由で長期履修学生制度を希望する者は、出願前(指定の期間中)に、教務課に取得希望免許状に関する「教職課程学力に関する証明書」を持参・提出の上、履修相談をする。
この教務課での履修相談を行った者に交付される「教員免許状の取得に関する誓約書」を提出。

長期履修学生制度申請書 (本学所定用紙 該当者のみ)(51KB)

教員免許取得を希望される方

聖心女子大学 大学院で、教員免許の取得を希望される方については、別途提出していただく書類があります。

教員免許の取得を希望される方へ (70KB)

問い合わせ先
聖心女子大学 入試課
〒150-8938 東京都渋谷区広尾4-3-1
■TEL.:03-3407-5242(直通) ■FAX.:03-3407-6650
E-mail:goukaku@u-sacred-heart.ac.jp