1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 学部
  4. 学科・専攻案内(2~4年次)
  5. 心理学科

心理学科Department of Psychology

自分の心、他者の心をめぐるさまざまな謎を科学の目で理解し、心の科学リテラシーを養います。

あなたは、自分の心の中を理解できていますか? わかっているつもりでも、少し考えてみると、自分でもわからないところがたくさんあることに気づくはずです。まして、他者の心の動きなど思いも寄らないことばかり。心理学は、人の心理や行動をめぐるさまざまな謎について、科学的に理解する学問です。認知心理学、発達心理学、臨床心理学の3 領域を柱に、心理学を基礎からバランス良く学んでいきます。

学科の特徴

1多彩な心理領域を学ぶカリキュラム

必修科目の心理学概論等により、認知・発達・臨床の3領域について基本的な知見を広く学修することができます。加えて、そこで興味を持った領域や関連する領域をさらに深めるカリキュラムを用意し、ヒトの心理と行動にまつわるさまざまな謎を解明する思考力を養います。

2ヒトの心を科学的に調査するスキル

現代の心理学に必要不可欠な心理統計法やコンピュータによる情報処理を丁寧に指導する体制が整っています。データを分析して事実を解明し、ヒトの心理を科学的に理解する力を身につけます。心理調査に関連する専門科目を履修したことを示す「認定心理士」の資格が取得可能です。

3「調べて知る」実験的アプローチ

心理学実験演習等の授業では、心理学の主要なテーマについて実際に実験を行うことで、人間の心理とそれに伴う行動を科学的、実証的に学ぶことができます。最終的には、卒業論文の執筆を通して、自らが感じた問題意識を基に、実験や調査を行う力を身につけます。

学びの分野

認知心理学

記憶や判断など人間の知的な精神活動である「認知」、視覚や聴覚で事象を捉えて認識する「知覚」について、実験や調査によってさまざまな特性を捉える。

学びのキーワード
  • 知覚と注意
  • 記憶と感情
  • 言語と思考
  • 認知の普遍性と多様性

発達心理学

胎児期から老年期まで、ヒトの一生をデータに基づいて科学的に考察する。教育・保育の現場などで実際に子どもの様子を観察し、理論と実践を総合して理解を深める。

学びのキーワード
  • 認知発達と言語習慣
  • 現在の子育て
  • 高齢期の心理学

臨床心理学

人間の心の動きを解明し、問題の解決法や幸せな社会生活を送るための援助法を考察する。理論の研究にとどまらず、心理検査などによる実践にも取り組む。

学びのキーワード
  • カウンセリング
  • 教育相談
  • 適応と援助

学びの流れ

画面を拡大してご覧下さい。

卒業後の進路

本学科の卒業生は毎年15%程度が大学院に進学し専門性を高め、臨床心理士などのカウンセラーを目指しています。大学院への進学以外にも、学んだことを活かして、医療系業界に進む卒業生もいます。ほかにも航空、金融や卸売・小売業界、法律事務所など、多種多様です。

【その他】
製造業/小売業/不動産取引・賃貸・管理業/法務/その他の専門・技術サービス業/宿泊業・飲食サービス業/その他の教育・学習支援業/医療業・保健衛生/その他のサービス業

取得できる免許・資格

  • 認定心理士
  • 日本語教員
  • 博物館学芸員
  • 図書館司書
  • 司書教諭

活動紹介

教員紹介

担当科目発達心理学1、発達心理学特講、心理学演習1、3年心理学演習D、発達心理学演習B

ヒトの胎児・新生児・乳児・幼児、ニホンザルの乳児の発達について研究しています。近年は保育園に通い、子どもたちに遊んでもらいながら観察を続けています。

担当科目発達心理学特講6(コミュニケーションの発達と進化)、心理学実験演習、3年心理学演習C、発達心理学演習A

乳幼児のコミュニケーション能力の発達が専門です。乳幼児は言語をまだ十分に操れませんが、「指さし」などの身振りで他者とコミュニケーションを行えます。こうした身振りと、後の言語発達との関連を調べています。

担当科目臨床心理学特講11、3年心理学演習H、発達臨床心理学演習D

エイジングや高齢者介護など、高齢者に関する事象に興味があります。超高齢社会の中で、皆が安心して暮らしていくためには何が必要かを検討するために、老年期に関する研究をしています。

担当科目障害者・障害児心理学

臨床心理学

担当科目臨床心理学特講(適応と援助)、心理学概論、3年心理学演習G、発達臨床心理学演習A

「適応と援助」を研究テーマとしています。現在は、別れを体験した人の悲嘆のプロセスや孤独感のような感情について、面接や調査を行い検討しています。

担当科目臨床心理学特講4、心理学実験演習、3 年心理学演習A、発達臨床心理学演習B

ソーシャル・ネットワークの視点から子どもの発達・適応について研究しています。また、スクール・カウンセリングを含め子どもへの援助・介入にも関心があります。

担当科目認知心理学特講6、認知心理学特講7、3年心理学演習E、実験心理学演習A

人間の記憶(過去の思い出)におけるさまざまなゆがみに及ぼす感情や集団の影響、不快な記憶を忘却するための方法、効果的な記憶(知識)や学習の定着をもたらす仕組みを実験的に検討しています。

担当科目心理学実験演習、認知心理学特講1、認知心理学特講2、心理学研究法1、3年心理学演習B、実験心理学演習B

「見ること」に関する認知心理学が専門です。私たち人間が、目でものを探したり、見たものが何であるかを認識したりするとき、視覚がどのように働いているのかを実験によって調べています。

担当科目臨床心理学特講義3、3年心理学演習F、発達臨床心理学演習C

児童期から青年期にかけての発達と適応をテーマに研究しています。問題行動の背景や発生に関わる要因を、予防的観点から、面接や調査によって調べています。

担当科目心理学実験演習3A

心理アセスメント